服部文和(77)明石加世(71)小城米四雄(80)がスクーターで覚醒剤宅配をし逮捕!3人の関係性や出会い、それぞれの家族は?

ニュース

19日京都府警と滋賀県警の合同本部は、70~80代の男女3人を覚せい剤取締役違反容疑で逮捕しました。

服部文和(77)明石加世(71)小城米四雄(80)の3人は、スクーターで覚醒剤宅配をしていました。

そこで今回は、服部文和(77)明石加世(71)小城米四雄(80)の出会いや3人の関係性、それぞれの家族についてまとめました。

犯罪に関わる者も高齢化していることに驚きを隠せないですね。



服部文和と明石加世、小城米四雄(80)スクーターで覚醒剤宅配

3人の逮捕容疑は7月6日、服部容疑者宅周辺の路上で、無職の男(42)=滋賀県野洲市=に覚醒剤0.2グラムが入った袋を1万円で譲渡したとしている。

昨年8月、府警に密売情報が寄せられ捜査を開始。

今年7月に服部容疑者宅を捜索したところ、覚醒剤計約11グラム(末端価格66万円相当)を発見し、服部容疑者らを覚醒剤の共同所持で現行犯逮捕していた。

京都や滋賀などに複数の顧客がいるとみられ、一連の事件で計16人が摘発された。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/スクーターで覚醒剤宅配-京都の%EF%BC%97%EF%BC%90%EF%BD%9E%EF%BC%98%EF%BC%90代男女%EF%BC%93人密売容疑で逮捕/ar-AAG0ZU9#page=2

70代~80代の男女がスクーターに乗り、覚醒剤を宅配していたなんて信じられないですよね。

複数の顧客がいるということですので、最近始めたような感じではなさそうですね。

現行犯逮捕ということですので、否定しても無駄ではないかなと思います…。

否定するより、反省し罪を償ってほしいですね。



服部文和(77)と明石加世(71)は同居し内縁関係である

情報によると、京都市山科区西野岸ノ下町に住んでおり、服部文和と明石加世は同居しており、2人は内縁関係であることが明らかになっています。

2人でこのような行為を行うこと残念に思いますよね。

70代ということですし、色々なことを経験しているはずなのにこのような事件を起こしてしまうなんて1人の大人として考えられないですよね。

1人が犯罪に手を染めようとしていたら、やめさしてあげるのが普通の考えですよね。



小城米四雄って誰で職業は?

服部文和と明石加世の2人の他に、小城米四雄も同じ容疑で逮捕されています。

小城米四雄は現在80代で京都市東山区本町に住んでいる無職の方です。

無職であっても、定年で引退したとしても、覚醒剤を宅配するなんておかしいですね。

深く反省し、罪を償ってほしいと切に願います。



3人の出会いや関係性は?

服部文和(77)明石加世(71)小城米四雄(80)の3人は覚醒剤を通じた長年の知り合いなようですね。

覚醒剤を宅配する知り合いなんて必要じゃないですよね。

この年に覚醒剤の配達するということは、もしかしたらよっぽどお金に困っていたのかも知れないですね。

現行犯逮捕をしているにも関わらず、3人は容疑を否認しているそうです。

せめて、嘘をつかずにして反省などを態度でわかるぐらいにしてほしいですよね。



服部文和(77)明石加世(71)小城米四雄(80)それぞれ家族は?

SNSなどで調べましたが、それぞれの家族については見つかりませんでした。

服部文和容疑者と明石加世容疑者は内縁関係であることは分かっています。

今後3人については詳しい情報が次から次へと明らかになったらな、と思います。

この年で家族に迷惑なんてあまりかけたくないですよね…。



ネットの声

タイトルとURLをコピーしました