木下優樹菜、タピオカ店に恐喝・恫喝まがいのDM!!そして木下優樹菜は在日で本名は朴優樹菜?

未分類




木下優樹菜さんは、フジモンと結婚してからどんどん仕事も増えヤンキーな感じもとても人気で各テレビで出演していました。

タピオカ店で働いていた実の姉に給料が払われていないなどを知った木下優樹菜さんは、そのタピオカ店の経営者である人物に恐喝・恫喝まがいのDMを送っていたことが発覚しました。

そこで今回は、木下優樹菜さんが送ったDMや木下優樹菜さんは本当は在日日本人だったのかなどについてまとめました。

現在木下優樹菜さんは猛省しているようですが、騒動はまだまだ収まる気配はないですね。


木下優樹菜、タピオカ騒動

きっかけは7月に開店した、都内のタピオカ店を巡る木下の一連の発言。

「インスタグラムで〈ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました〉と宣伝。週刊新潮(8月8日号)が“姉の『タピオカ屋』”と報じ、また木下も店に顔を出すなど、『木下が、姉の経営する店を応援している』と受け取る人が多かった。しかし一転、10月6日のインスタに〈もうお店に行かなくて大丈夫です〉と投稿した」(スポーツ紙関係者)

木下優樹菜「タピオカ店恫喝」 里田まいと大差がついた痛恨のミス | 文春オンライン
〈出方次第でこっちも事務所総出でやりますね〉〈謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ〉。自分の姉の知人、Aさんに恫喝めいたDM(ダイレクトメール)を送ったとして、木下優樹菜(31)が…

木下優樹菜さんは、姉のさやかさんがタピオカ店をオープンしたとインスタグラムで発信していました。

その発信の効果も絶大で「絶対に行きます」「どこにあるんですか?」などとコメントが多々ありました。

ただ3か月後の10月には「もう行かなくていい」という木下優樹菜さんが発言したことから問題が大きくなって色々なことが明らかになりました。

姉のさやかがオープンしましたとあったが、そもそも姉は経営者ではなく従業員であったことなどが分かり驚きますよね。






木下優樹菜のプロフィール

名前:木下優樹菜 (きのしたゆきな)
生年月日:1987年12月4日
年齢:31歳
出身:東京都葛飾区
職業:バラエティタレント・歌手

学歴はこちらです。

中学校:葛飾区立葛美中学校卒業
高校:渋谷高等学院修了

中学時代には、副番長であったそうで元ヤンキーであったことは公表しています。

そしてクイズヘキサゴンにて知名度が上がっていき、そこから仕事がぐんっと増えています。


木下優樹菜さんがタピオカ店に送ったDMは?

気になるのが木下優樹菜さんがタピオカ店の経営者に送ったDMですよね。

木下優樹菜さんが経営者に送ったDMはこちらです。

結構酷いですよね・・・。

31歳でこの文面で芸能人という立場を利用し、恐喝・恫喝とも取れますよね。

確かに、このような文章は送るべきではないしこんなに大きな問題になる前に姉であるさやかともう少し、お互いが誤解を生まないように姉妹で話し合うべきだったのではないかなと思います。

経営者にとって、お店が繁盛することは嬉しいですが、経営者であるにも関わらず、姉のさやかが経営者と思われていたり木下優樹菜さんのお店ではないのに、ファンがきたりするのは確かに腑に落ちないですよね。



木下優樹菜さんは在日って本当?

タピオカ騒動が起きて明らかになったことがもう一つあります。

それは、木下優樹菜さんが在日であるか。ということです。

結論から言うと、信憑性が高く本当であると言えます。

当時の雑誌には、‘木下優樹菜’という名前ではなく‘朴優樹菜’として載っています。

これは間違いないですね。

朴を分けた文字が木下に見えることから木下優樹菜になったのではないか。と言われていますがそう言われてみればそんな感じしますね。



ネットの声



タイトルとURLをコピーしました